TOPICS

2016/02/24

JUKE NISMO RS

F15-juke_nismo_rs (2)

2014年7月にマイナーチェンジした「ジューク」に、今回、パフォーマンスをより追求するお客さまに向けて、「ジューク」のラインナップの頂点を極める新グレード「NISMO RS」を追加し、発売します。「NISMO RS」は、従来の「ジュークNISMO」からのさらなるエンジン出力向上によりクラス内*1量産車トップレベルの出力を実現したほか、車体剛性の向上、ブレーキ性能の強化、サスペンションや電動パワーステアリングの専用チューニングを行うとともに、その高いパフォーマンスに見合うシート剛性とホールド性をもつRECARO製スポーツシートにもNISMO専用チューニングを施しました。

【特長】
〇クラストップレベルの馬力、トルクを誇るハイパフォーマンス
「NISMO RS」のベース車「16GT FOUR」ではロープレッシャークールドEGR*2の採用により燃費性能を向上させたのに対し、「NISMO RS」ではECUセッティングのさらなる改良により最高出力を向上させた「NISMO RS」専用の1.6リッター直噴ターボエンジンとしました。コンロッドベアリングの耐久性を向上し、高回転域でも力強いトルクを持続することを可能にしました。これに、8速マニュアルモード付エクストロニックCVTとパドルシフトを組み合わせることで、「ジューク」の頂点を極めるのにふさわしい走る歓びを実現しています。
F15-juke_nismo_rs (5)

〇制動フィーリングと耐フェード性能を高めた専用ブレーキシステム
フロントブレーキローター径を拡大し、リヤにベンチレーテッドディスクを採用しました。キャリパーの性能やブレーキパッドの耐フェード性なども向上しています。これによりスポーツドライビング時の高レベルな制動フィーリングを実現しました。さらに、キャリパーには「NISMO RS」を象徴する赤塗装を施し、お客さまが「NISMO RS」を所有する歓びを喚起します。
F15-juke_nismo_rs (4)〇「NISMO RS」ならではの高い出力を受け止め、よりドライバーの意図に沿った走り
ベース車の17インチから18インチへのサイズアップをしながらも形状最適化による軽量化を実現したアルミホイールにより、ばね下重量の軽減を実現。運動性能と乗り心地の両立を実現しました。出力の向上した「NISMO RS」の走りの特性に合わせて、サスペンションのチューニングを施し、より幅広いシーンで楽しめる足回りとしました。また、「ALL MODE 4X4-i」のトルクベクトル機能はエンジン出力の向上に伴い、「NISMO RS」のために高められたトルクを最適に配分し、ドライバーの狙い通りのコーナリング性能を発揮します。さらに、車速感応式電動パワーステアリングのチューニングにより、従来の「ジューク」の取り回しの良さと、ワインディング路や高速走行時におけるしっかりした手ごたえを両立しました。これらの専用チューニングにより、「NISMO RS」ならではのスポーティな操縦感覚を実現しました。

〇完成車メーカーのファクトリーチューンでしかできない質量バランスまで考え抜いた効果的な車体剛性
強靭なボディを作り上げることにより、エンジン、ブレーキ、タイヤ、サスペンションの高いポテンシャルを最大限に引き出します。日産追浜工場における車体組み立て段階で車体各部に補強を追加し、車体ねじり剛性を向上しました。これにより精緻でクイックなステアリングレスポンスとしっかりとした質感の高い乗り心地を高い次元で両立しています。

〇最新の空力解析装置による最適なエアロチューンを実施
NISMOならではのレーシング活動の中からのフィードバックを受けた、より空力に優れたデザインを採用。高速走行時は空気の流れをコントロールし、空気抵抗(Cd値)を犠牲にすることなくダウンフォースを向上させることで、車両の姿勢変化を抑えて走行時の安心感を高めました。ワインディング路や悪天候時においてもダウンフォースを最適化することで、タイヤのグリップ力が向上しました。
F15-juke_nismo_rs (3)

〇スポーツドライビングに集中できる環境を実現した、NISMO専用チューニングRECARO製スポーツシート
車両の高出力化、車体強化、ブレーキ強化に伴う、シート性能を高めた、日産とRECARO社の共同開発によるNISMO専用チューニングRECARO製スポーツシートを採用しました。シェル構造で高レベルのシート剛性やホールド性を誇るRECARO製シートをベースに、NISMO専用のチューニングを施しました。
F15-juke_nismo_rs (6)